ここから本文です。

6月より北大医療安全管理部教授の呼吸器外来開始

6月より北大医療安全管理部教授の呼吸器外来開始

6月より北大医療安全管理部教授の呼吸器外来開始(第3金曜日午前)

南須原 康行
 北海道大学病院医療安全管理部教授・部長
 
南須原康行先生は、びまん性肺疾患、閉塞性肺疾患、呼吸器感染症を専攻する呼吸器科の医師です。また日本を代表する医療安全管理の第一人者でもあり全国で活躍されています。
 

南須原先生のコメント
 息をすることは、食べること以上に人間の基本です。息(呼吸)に関する病気について、わかりやすく丁寧な診療を心がけています。また、専門以外の領域についても、積極的に関わって、適切な対応を行ないます。(北海道大学HPより)



 

本文ここまで

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ戻る