ここから本文です。

血液内科が新設されました

血液内科が新設されました

 
平成28年4月から当院に血液内科が新設されました。毎週金曜日、北海道大学病院から岡田耕平先生が派遣されています。
血液内科では骨髄やリンパ節に異常をきたす病気を扱っています。具体的には白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群、血友病などの病気です。貧血があったり白血球や血小板の数に異常があると言われた場合、首や大腿、腋などにしこり(リンパ節)を触れる、超音波検査やCT検査でリンパ節や膵臓が腫れていると言われた、ぶつけてもいないのに手や足にあざができやすかったりする。こんな場合にはぜひ血液内科を受診して下さい。

具体的な病気

  • 血液のがん(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)
  • 血液を作れなくなる(再生不良性貧血、骨髄異形成症候群)
  • 血が止まりづらくなる(血小板減少症、血友病)

こんなときは受診を!

  • 血液検査で貧血や、白血球や血小板の数に異常
  • 首や腋の下、脚の付け根にしこりを触れる
  • 超音波やCT検査でリンパ節や膵臓が腫れていると言われた
  • ぶつけていないのに手足にあざ(皮下出血)が出やすいなどの症状


 

本文ここまで

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ戻る