ここから本文です。

臨床工学科

臨床工学技士とは

臨床工学技士はCEとも呼ばれ、医師の指示のもとに生命維持管理装置の操作を行います。
生命維持管理装置とは人工透析装置、人工心肺装置、人工呼吸装置などのことをいいます。
また、医療職で唯一 医学と工学の両方の知識を有する資格でもあり、現代医療現場は多種多様な高度医療機器で溢れています。
この高度医療機器を用いた診療または治療を安全に行えるよう、高度に進化した医療機器の専門家としてその保守管理や操作にあたるとともに、チーム医療の一員として患者様の治療にも携わっています。

当院での役割

当院では現在6名の臨床工学技士が常勤しており、すべての診療科に携わるME機器を管理しております。
臨床工学技士は高度な医療機器を操作し救急救命時における治療のサポートや患者監視装置の装着、更にME機器の保守点検など安全管理をおこない病院内で円滑な運用ができるようにする技術者が必要です。
私たちはその技術者として重要な役割を担っており24時間体制で緊急呼び出しに対処しています。また、院内では医療用PHSを常時携帯し病棟からの緊急呼び出しに対応できるようしています。

血管撮影室

循環器科では心臓カテーテル検査、PCI、STENT植込み、IABP、PCPS、電気生理学的検査、体外式ペーシング、ペースメーカ植込み術など、消化器科では肝動脈塞栓術、肝動脈抗癌剤注入療法、動注ポート造設などDrサポートというかたちで携わっております。
また電気的除細動器やポリグラフ、IVUSのデータ解析やモニターによる患者監視、あらゆるME機器の操作ならびに保守管理、検査、治療材料の在庫管理をおこなっています。

血管撮影室

手術室支援業務

患者監視モニターのセットアップ、血液ガス分析装置の保守管理、麻酔器、手術台、呼気ガスモニター機器、電気メス、BISモニターなどの保守管理を行っています。
また、内視鏡機器の進歩により常勤で臨床工学技士を配置し、手術が安全に施行できるよう手術のセットアップ、術中の調整、終業点検を行い機器の信頼性を向上させています。
また、他施設などで徐々に増加している臨床工学技士の介助支援業務も当院では積極的に介入しており、手術室看護師と協働にお互いの専門性を生かし安全で質の高い業務を心掛けています。

手術室支援業務

人工呼吸器業務

当院では新生児から成人までの人工呼吸器を管理しており、何らかの原因で正常に呼吸ができなくなった時や手術後に麻酔から醒めない患者様に人工呼吸器をセットアップし装置が正常に動いているかどうかなどを毎朝訪室させていただき点検を行っており、使用しています。
また、最近ではNPPV専用の呼吸器が使用されることが多く、マスクのサイズや設定などを、先生方と相談させていただいております。

人工呼吸器業務

特殊血液浄化業務

当院には人工透析室はありませんが、ICU・CCU・病室において、循環動態が不安定になった患者様に持続的血液濾過透析、循環状態が安定した患者様や慢性腎不全患者様に施行する血液透析、血液中の血漿成分を入れ替える血漿交換、血液中のある特定した物質のみを取り除く血液吸着などの各種血液浄化療法などを行っています。
この時24時間以上行なうことが多々あるため臨床工学技士は常に院内に待機して状態把握に努めています。

特殊血液浄化業務

外来業務

毎週月曜日と水曜日にペースメーカ外来を行なっております。
現在当院では250名前後の患者様を年2回のペースで外来チェックしております。
外来での業務はペースメーカの状況を、プログラマーを使用して把握し、電池寿命・リード抵抗・設定変更等をDrの指示のもと行なっています。
また現在、問題となっている立会い規制に対しても早期にペースメーカ業務を行なっているため、外来・術中と技士単独で行っております。

外来業務

内視鏡支援業務

平成19年度より内視鏡業務に関わりました、ERCP・EST・ERBD・ENBD・EPPD・ENPDなど介助支援業務という形で関わっておりワイヤー、バルーン、ステント留置などをサポートしております。
また、内視鏡装置、カメラ、洗浄機の故障・修理などの機器管理や使用後のステント・バルーンなどの物品管理・発注も行っております。

SAS業務

睡眠時無呼吸症候群の患者様に対して簡易型の検査装置やフル解析検査装置を使用し、睡眠時無呼吸の検査・解析を行っております。
また、その後の在宅への人工呼吸器の指導・説明や業者さんへの連絡、外来来院時にSDカードをお持ちいただき、データの抽出、解析なども行っております。

SAS業務

医療機器管理業務

地下1階の臨床工学技士室でシリンジポンプ・輸液ポンプ・持続吸引器・人工呼吸器などをはじめ数種類500台以上の医療機器を独自のシステムで中央管理し、修理も150件/年以上行なっており、各病棟が必要時に迅速に提供できるようにしています。
また、臨床工学技士が医療機器安全管理責任者でもあり、保守点検の計画の策定や実施、院内での勉強会なども定期的に行っており、多様化する機器への対応や使用現場での機器の具合が悪いという時の対処法を、使用者側にアドバイスしています。

医療機器管理業務

臨床工学技士室

地下1階にある休憩室であり、機器の修理を行なう場所、昼食を食べる所、勉強をする場所であり、社交場であり、会議を行なう場所であり、先生・看護師・メーカー担当者などいろいろな皆さん方がいらっしゃいます。
また、技士室内で定期的に勉強会の検討もしております。

臨床工学技士室

スタッフ紹介

 

氏名 役職 備考
ほり きょういち
堀 享一
リハビリテーション科長 兼 臨床工学科長  
佐々木 昭吾ささき しょうご 臨床工学係長  
大澤 尚矢おおさわ なおや 臨床工学係主任  
柴田 真宏しばた まさひろ 臨床工学係主任  
おちあい ゆうすけ
落合 諭輔
臨床工学技士  
川田 大介かわた だいすけ 臨床工学技士  
仙石 はるなせんごく はるな 臨床工学技士  
あかいし まなみ
赤石 真奈美
臨床工学技士  

本文ここまで

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ戻る