小樽協会病院

代表電話 0134-23-6234
FAX 0134-33-7752

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査


睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、文字通り睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活に様々な障害を引き起こす疾患です。
SASの重症度は、AHI(Apnea Hypopnea Index)=無呼吸指数で表し、一晩の睡眠を通して、1時間当たりの無呼吸や、低呼吸(呼吸が浅くなる状態)の頻度をもとに自覚症状がある場合、SASと判断されます。
AHIが5~15回が軽症、15~30回が中等症、30回以上が重症とされています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフチェックシートはこちら


PSG簡易検査(スクリーニング検査)
当院では外来で検査機器を貸出し、自宅でかんたんに睡眠時無呼吸症候群の検査が行えます。




PSG精密検査(睡眠ポリグラフ検査)

 スクリーニング検査で異常があった場合にPSG精密検査を行い、より詳しい睡眠中の状態を調べます。
(特徴)



CPAP療法(睡眠ポリグラフ検査)

 鼻マスクを装着し、機器(CPAP装置)より空気を送り込んで気道を広げる治療法です。簡易で治療効果の高い、睡眠時無呼吸症候群の一般的な治療方法です。






※睡眠時無呼吸症候群(SAS)企業健診を行っております。

~お気軽にご相談下さい
・受付電話 0134-23-6234 FAX 0134-33-7752
・受付時間 月曜~金曜 8:30~16:50
               土曜           8:30~12:00
・受付窓口 小樽協会病院 医事課 健診係

ご予約はこちら