小樽協会病院

代表電話 0134-23-6234
FAX 0134-33-7752

初期臨床研修プログラム

初期臨床研修プログラム

研修プログラムの特色

研修医1年目は内科系(必修)6ヶ月、救急(必修)2ヶ月(不足1ヶ月は年36回の日当直で行います)、外科系(2ヶ月)、小児科(1ヶ月)、産婦人科(1ヶ月)を行います。

研修2年目は地域医療(必修)1ヶ月、精神科(1ヶ月)を行い、残りの10ヶ月は研修医個人の希望を考慮し専門性を重視した診療科を選択できるプログラムを準備しています。
 

臨床研修の目標

医師としての素養の育成と責任感と実行力のある実地医家への啓蒙が目的である。
基本方針・経験目標については別項に記載。
 

プログラム責任者 

氏名 竹藪 公洋
所属 社会福祉法人 北海道社会事業協会小樽病院
役職 副院長

臨床研修を行う分野

  研修病院または施設名 研修期間
内科系 社会福祉法人 北海道社会事業協会小樽病院 6ヶ月
外科系(救急含む) 社会福祉法人 北海道社会事業協会小樽病院 4ヶ月
小児科 社会福祉法人 北海道社会事業協会小樽病院 1ヶ月
産婦人科 社会福祉法人 北海道社会事業協会小樽病院 1ヶ月
精神科 小樽市立病院 1ヶ月
地域医療 医療法人勉仁会 東小樽病院 1ヶ月
選択科 社会福祉法人 北海道社会事業協会小樽病院 10ヶ月

研修医の指導体制

別項 指導医名簿のとおり
 

研修医の処遇

別項 初期臨床研修医募集要項のとおり