小樽協会病院

代表電話 0134-23-6234
FAX 0134-33-7752

先輩臨床研修医の声:磯山 友幸

氏名 研修期間 先輩臨床研修医の声
磯山 友幸
磯山 友幸
【初期】
平成22年4月~
平成23年3月
研修医からみた小樽協会病院<1>(平成22年6月)
研修医からみた小樽協会病院<2>(平成22年10月)

 

研修医からみた小樽協会病院<1>(平成22年6月)

はじめまして!一年目研修医の磯山友幸と申します。

初期研修医として小樽協会病院で働かせていただいて早くも2カ月が経とうとしています。今年は1年目研修医が3人いるので、3人分(もちろん先輩方の文章も)の視点から小樽協会病院を紹介できるとおもいますので、よかったら参考にして下さい。

私は4月から2カ月間循環器内科を回らせていただきました。長くはない期間でしたが、それでも急性心筋梗塞、心不全などのcommon diseaseはかなりの症例を経験することができ、急性期医療の醍醐味を味わうことができました。

以下、2か月間の印象でしかありませんが、小樽協会病院での研修について簡単に書きたいと思います。
小樽協会病院での研修を一言で表すなら、「自由」。これは人によってメリットにもデメリットにもなることではあると思います。
勉強会・レクチャーなどが定期的にあるわけではありませんし、教育システムが体系的に組まれているわけでもありません。だからといって、指導がいいかげんとかそういったことはなく、先生方はみな熱心に指導して下さいます。
つまり、うちは研修医がこうしろ、ああしろと課される義務が少なく、ある程度自由に研修を行うことができる点が特徴だと思います。

よって、自分から貪欲に学ぶ姿勢のある人なら、自分の好きなことを好きなだけ学べる環境があります。そのような積極的な姿勢のある人ほど、うちでの研修は向いていると思います。

とりあえず、少しでも興味があれば一度見学に来てください。うちの良さは来てみて初めてわかると思いますから。

 

研修医からみた小樽協会病院<2>(平成22年10月)

研修が始まってからはやくも半年が過ぎようとしています。6,7月は呼吸器内科をローテートし、現在消化器内科で研修中です。今回は呼吸器内科についてに書きたいと思います。

呼吸器内科の患者さんは肺癌が中心ですが、そのほかにも間質性肺炎、気管支喘息、COPDなどの患者さんも入院されています。ときには救急での受け入れもあります。呼吸器科は非常勤の先生もいるものの、常勤の先生が2人であり、患者さんは多い時で50人程度に上ります。

よって研修医は他の科にもまして責任感を持って主体的に行動することが求められます。(もちろん、先生方は忙しい中でも、質問には丁寧に応じてくれます)。重症患者さんも多いので、CV挿入、胸腔穿刺などの研修医として身につけておきたい手技を数多く経験することができます。また、ターミナルの患者さんに数多く接する機会も多く、そういった患者さんの治療について悩むこともあり、よい経験となりました。

あらためてうちの病院は手技を早くから経験できることを実感しました。手技なんてものはどの時点で始めてもすぐに追いつくという意見もあると思いますが、まだ医者になりたてで、経験も自信もない研修医にとっては、できる手技が一つ増えていくたびにモチベーションのアップにつながると思います。

見学に来てくれればその一面でも見せられると思いますので、少しでも興味を持たれた方はお気軽にいらして下さいね。ではまた!