小樽協会病院

代表電話 0134-23-6234
FAX 0134-33-7752

先輩臨床研修医の声:洪 綺憶

氏名 研修期間 先輩臨床研修医の声
洪 綺憶
洪 綺憶
【初期】
平成20年4月~
平成21年3月
研修生活について(平成20年8月)

 

研修生活について(平成20年8月)

この病院に来て、早4ヶ月が経ちました。
4~6月は消化器内科を回らせて頂き、7月~8月は麻酔科を回っています。

この病院は総務課、医事課から、看護師、薬剤師、検査技師、臨床工学師、医師まで、とにかくスタッフの皆さんが優しく、職業に関わらず、その間の壁が薄く、小回りが利くといった特徴があります。

消化器内科を回っていた間に、内視鏡の手技のご指導をしっかりとして頂き、専門性の高い実習をすることができました。また、消化器病学会で学会発表のチャンスを頂き、先生の熱いご指導を受け、大変勉強になりました。

この病院はクリニカルだけではなく、アカデミック性も豊富で、勉強になります。また忙しいときは勿論忙しいのですが自分で勉強する時間も沢山確保できるので、バランスが取れています。

今年は研修医は私一人のみなので、ちょっと寂しいですが、症例や手技は全て独り占めでき、先生のマンツーマンの指導もしっかり受けるができます。これは他の研修医が沢山いる大型病院では経験できない特権と言ってもいいでしょう。

医師になったばかりで、沢山の不安がありがらも若干の心の余裕を持ちながら仕事ができているのは、良い指導医、やさしいスタッフに恵まれているからだと思います。

とってもアットホームの我が病院、学生であるそこの君、見学に来てみてはいかがですか?

7月にある小樽の一大イベント「潮祭り」の「潮ねりこみ」
7月にある小樽の一大イベント「潮祭り」の「潮ねりこみ」
院長先生との2ショット
院長先生との2ショット