ここから本文です。

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご案内

このページでは次の情報をご案内いたします。

・リハビリテーション科
・施設基準
・主な対象疾患となるリハビリテーション分野
・当院での主な取り組み内容
・業務内容(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)
・認定資格等

リハビリテーション科

在籍スタッフ:理学療法士(PT)14名 作業療法士(OT)1名 言語聴覚士(ST)1名
H30.10月現在
当院リハビリテーション科では、病気や怪我によって障害や後遺症を抱えた患者様に対
して、社会参加・社会復帰をしていく為に必要となる機能訓練や日常生活動作訓練など、リハビリテーションを通して支援できるように全力を尽くします。また、当院地域包括ケア病棟では、患者様やご家族様と退院後に安全かつ充実した生活が送れるよう、退院に向けての目標を共有し、各担当スタッフと連携して、リハビリテーション科として支援できる体制をとり、リハビリテーションの実施に取り組んでいます。
 当院リハビリテーション科スタッフは、院内研修や外部研修の参加、各種認定資格取得などの治療技術や知識の研鑽に力をいれています。現在、呼吸認定療法士や心臓リハビリテーション指導士などの認定資格や、研修を修了したスタッフも在籍しており、専門領域に特化したリハビリテーションの実践に取り組んでいます。
 また、当院では循環器や呼吸器などの内部障害、整形外科、外科、周術期(術前・術後)などの広範な分野のリハビリテーションを提供しています。
   
         リハビリテーション室             作業療法室


施設基準

   運動器リハビリテーション料Ⅰ
   呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
   心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
   がん患者リハビリテーション料
   脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
   廃用症候群リハビリテーション料Ⅱ
 

主な対象疾患となるリハビリテーション分野

   循環器・呼吸器疾患などの内部障害に対するリハビリテーション
   整形外科(四肢・脊柱の骨折、人工関節置換術)
   外科(呼吸器・消化器・乳がん)
   がんリハビリ(外科・消化器内科・形成外科)
 

当科での主な取り組み内容

   ・定例での勉強会、症例検討会などの科内研修の実施
   ・各種外部研修、学会への参加推奨
   ・各種認定資格取得の推奨、支援

業務内容(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)

理学療法

当院では、循環器・呼吸器疾患などの内部障害リハビリや整形外科疾患、がんリハビリ(周術期や消化器内科・呼吸器科)を主に対象として実施し、形成外科では、リンパ浮腫術後の患者様へのリハビリを実施しています。
病気、怪我、手術後などの治療過程において生じた筋力低下・関節可動域制限・全身持久力(体力)低下など、様々な機能障害に対して機能回復訓練を早期から開始しています。
また、ご本人の身体能力や実際の日常生活活動を把握した上で具体的かつ安全に行える環境調整、提案など円滑な在宅復帰を目標としたサポートをおこなっています。
外来リハビリテーションでは、退院後の整形外科、呼吸器内科の患者様に加えて、集団心臓リハビリテーションを平成29年度から開設、実施しております。 

呼吸リハビリテーション(呼吸介助・排痰リハビリ)

  
心臓リハビリテーション(集団リハビリ:集団体操・マシントレーニング)




作業療法

 当院では、地域包括ケア病棟や整形外科疾患を中心に介入しています。
個人の生活状況を把握し自立した生活していくこと社会参加に繋がるように具体的な作業を用いて動作練習、機能訓練に加えて環境調整も取り組んでいます。
  作業療法訓練場面



言語聴覚

 当院では、摂食嚥下障害のリハビリテーションを中心に行っており、栄養科・各病棟・訪問歯科などの様々な他職種と連携しながら食事形態の調整、口腔ケア、義歯調整、NST活動といった機能訓練だけに留まらない、患者様の「食」に関する総合的な支援を行っています。
 接触嚥下機能訓練場面




認定資格・終了研修

  心臓リハビリテーション指導士 2名
  3学会合同呼吸療法認定士 3名
  がんリハビリテーション研修修了 5名
  リンパ浮腫医療従事者研修修了 2名
  認定理学療法士(脳卒中) 1名

本文ここまで

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ戻る