ここから本文です。

先輩臨床研修医の声:練合 一平

氏名 研修期間 先輩臨床研修医の声
練合 一平
練合 一平
【初期】
平成25年4月~
研修の感想(平成25年6月)

 

研修の感想(平成25年6月)

はじめましてこんにちは。一年目研修医の練合です。
札幌医科大学のBプログラムのたすき掛けの一年目で当院で研修をしております。
ここまでの三カ月の研修で僕が思ったことを、書きます。

まず、大学病院などでは検査オーダーやカンファレンスの準備など雑用だけで時間に追われてしまうという話もよく聞きますが、当院はそういったことはなく、患者さんと向き合える時間が多いのが特徴です。担当する患者さんの数も慣れないうちは少人数からなので、一人ひとりじっくり自分で考えながら診療することができます。といっても、アカデミックな部分がないというわけではなく、カルテやサマリーの書き方などの基本的な部分から、非典型的な症例に対する治療などまで学ぶことができます。また、希望をすれば、そのような症例の症例報告を、地方会などで発表することもできます。もちろん、指導医の先生がサポートしてくれます。 次に、病院の話です。規模があまり大きくないため、病棟が研修医室から近く、すぐに駆けつけることができます。移動だけで疲れるようなことはありません。また、研修医室は快適です。今現在、研修医が2人しかいないため、とても広々と使っています。毎月レジデントノートが届きますし、前の研修医が残していった教科書類も多いです。最近、ハリソン内科学を発見しました。


僕の机です。
僕の机です。


当直室もきれいで、快適です。
当直室もきれいで、快適です。
学生のみなさん、まだまだ当院の良いところはたくさんあります。ぜひ、見学に来て自分の目で確かめてみてください。小樽には、おいしい物も沢山ありますよ!!
 

本文ここまで

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ戻る